TEL:03-5829-6871  
   最初に戻る 文字の大きさ 

各種届出書:標準給与(算定基礎届)

基金では、掛金や給付額を計算するベースとして、実際の給与額を一定幅に区分した「標準給与」を用います。
加入員各人の標準給与の決め方については、厚生年金保険や健康保険の「標準報酬」に準じています。

●算定基礎届

標準報酬は、実際にうける報酬とかけはなれないように毎年1回、見直されることになっています。具体的には、7月1日現在の加入員全員について、4月、5月、6月にうけた報酬の届出を行い、その年の9月以降の標準報酬を決定します。この決定を「定時決定」といい、定時決定を行うために提出する届書を「算定基礎届」といいます。

なお、次に該当する人は、定時決定の対象から除かれますので、本年度の算定基礎届の提出は必要ありません。

  1. 本年6月1日以降に加入員の資格を取得した人。
  2. 本年4月に昇(降)給などによる固定的賃金の変動や賃金(給与)体系の変更により、7月に標準報酬が随時改定される人。
  3. 本年5月または6月に昇(降)給などによる固定的賃金の変動や賃金(給与)体系の変更により、8月または9月に標準報酬が随時改定される人。

記入例 (算定基礎届)

1

2

3